スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

育毛の最終兵器(育毛・発毛・薄毛対策・若ハゲ)


育毛サロンの店員から

「だったらハゲてしまえ!」と、最後通告を受けた男が

16年5ヶ月間悩み続け、ついに育毛剤やサロンに頼らない育毛法を

見つけ出し、たった3ヶ月で高校生の頃のようなフサフサな髪

を取り戻し、育毛サロンを崩壊させようと、本気で考えている

「育毛の最終兵器」をあなたは知りたくないですか?



 








あなたは髪のことで、
  こんな悩みを抱えていませんか?


















 これから婚活をしようと考えているのに、髪がこんな状態では自信も持てず、
   合コンにも参加できない。

   また、似合う服もないし、髪型だってセットが決まらない。

 

 育毛剤、発毛剤、シャンプー、育毛サロン、サプリメント、病院…

   次々に新しい商品は出るけど、全く効果がありません。

   だけど諦める訳にもいきません。

   お金も時間もない私は、どうすれば良いのでしょうか?

 

 私は規則正しい生活を心がけているのに、薄毛が止まらないんです。

   やっぱり、もっと他にやった方がいいのでしょうか?

 

 薄毛が気になって、仕事に集中できない。

   もう、何をやっても楽しくないし、どうしていいのか分からない。

   かと言って、誰にも相談できないし…

 

 ストレスが髪に影響していると思うが、薄毛自体がストレスとなってしまい、

   どんどん不安になっていく。

   薄毛を治すしかストレスを取り除くことはできない。

 

 髪にお金をかけたいけど、この不景気で家計も苦しい…。

   なるべくなら、育毛剤やサロンに頼らないで髪の毛を増やしたい。

 

 自分のやっている処置が正しいかどうか不安でしょうがない。

   育毛剤なども本当に浸けた方がよいのか分からず、心配だ。

 

 父の髪が薄いので、自分も薄くなってもしょうがない。

   だけど、本当は怖くてたまらない。

   絶対にハゲにはなりたくない!

 

 この若さで薄毛になるのは、どう考えてもおかしい

   もしかしたら病気なのではないだろうか?

 

 誰かがヒソヒソ話をしていると、自分の事を言われているような気がして、

   どうしても気になってしまう。









 シャンプーをした後には、排水口に自分の髪の毛が
   たくさん詰まっていて、恐怖を感じている。

   もう、頭は洗いたくない…

 

 同窓会などに参加できないし、昔の友達とかにも
   自分から会う事ができない。

 

 髪が濡れると地肌が目立つので、海にも遊びに行けない。髪は絶対に濡らせない。

 

 生えてきた髪の毛が、まだ細くて短いのに成長が止まってしまった。

   最近特に、そんな毛が増えてきたように感じる。

   また、産毛のような細いくて短い毛が増えてきている。

 

 朝起きると、枕もとに抜け毛があるのを見て、不安におびえる日々である。

   また、ブラッシングの時にもたくさん抜け、手を髪に通して指の間に挟み、

   軽く引っ張ってみると驚くほどの抜け毛があり、

   何度やっても抜け続けるのを見ると、ものすごく暗い気持ちになってやるせなくなる














どうでしょうか?
もし、これらの悩みを持っているのなら、このまま読み進めてください。
必ずあなたのお役に立つ事でしょう。








■ あなたは薄毛について、
  次のような勘違いをしていませんか?


















 薄毛は遺伝だから諦めている
 

 薄毛の原因は皮脂である

 
 長年、薄毛だったので、今からではもう遅い
 
 男性ホルモンが薄毛の原因である
 
 年齢的に、今から何をやっても生えてくるはずはない
 
 薄毛は、医者や専門家に聞いた方が正しい
 
 頭皮を叩いたり、マッサージして、刺激を与えている
 
 脂性の人は薄毛になりやすい
 
 洗浄力の強いシャンプーを使った方が良い
 
 この世に、髪が生えてくる方法などない
 
 若い頃から育毛剤を浸けていなければいけない
 
 薄くなり始めてから育毛剤を浸けても手遅れだ










もし、このような事を少しでも意識してたら、今すぐ考えを変えて下さい。
なぜなら、
この様な考え方では、いつまで経っても薄毛から解放されないからです。
というより、髪にとって悪影響なものも、たくさんあります。


■ 育毛剤はほとんど効果がない
薄毛になり始めると、まずほとんどの人が育毛剤を使います。
しかし、育毛剤を実際に使う人は多いですが、
実際に生えてきたと言う人はほとんどいません。

なぜなら、日本で売られている育毛剤は、副作用を恐れて成分を抑えているからです。

元々人間の髪の毛は、毛母細胞の分裂によって生えるものなのですが、
薄毛の人は細胞が弱くなっている為、細胞分裂があまり行われません。
だから髪が生えにくくなっているのです。

しかしその状態で、外部から育毛剤を使って無理やり髪を生えさせるには
相当な刺激が必要です。

刺激が強いと言う事はそれだけ副作用も起こりやすいのです。
よく薬などでも、すごく効く薬ほど副作用が強いと言われますがそれと同じです。

そもそも副作用とは何かと言えば、
「薬物の、病気を治す作用とは別の作用」
の事を言いますが、実はそれは違います。

なぜなら薬はもともと毒だからです。
だから体にとって悪い症状が出て当然なんです。

要するに副作用と呼ばれている作用は、毒そのものの症状で、一般的に
言われている病気を治す作用こそが、毒の副作用なのです。

と言っても…
薬は毒だと言ってもなかなか受け入れられない人も多いと思います。
しかし、アメリカの医学部の学生たちが、薬理学の授業で1番最初に教えられることは、
『すべての薬は毒である』という教えです。

これは、病院で処方される薬のことだけを言っているのではありません。
それと同じで、育毛剤も効果があればあるほど毒性が強く、副作用も大きいと言えます。

だけど、日本で市販されている育毛剤では、あまり毒性を強めてしまうと、
副作用の問題が出てしまうため、あまり強力な物は出せないのです。

だから、日本で市販されている育毛剤はほとんど効果がないのです。






■ このマニュアルに書かれてある内容のほんの一部を紹介すると













 シャンプーをすると排水口が詰まりそうなほど、髪が抜けてしまう過剰な抜け毛でも、
   最短で抜け毛を止めたある方法とは?

 
 太陽の光に当てると、髪の毛が透けてしまい、まるでスケルトンのように
    地肌が見えてしまうような状態でさえ、

    わずか3ヶ月で改善させてしまう、薄毛から解放される秘訣とは?

 
 体中の毒素を排出するために、
    髪の毛にも驚くほどたくさんの毒素が含まれています。

    髪の毛が抜ける事で、毒素を排出しようとしなくても、

    もっと簡単に体内の毒素を排出する事ができます。

    髪の毛を使わなくても、効率的に体内毒素を排出するための方法とは?

 
 頭頂部や生え際だけでなく、意外と多い側頭部の薄毛。

    本来抜ける部分ではないところが抜けているのは、まさに細胞が弱っている証拠。
    側頭部まで及んだ薄毛から解放されるために効果のある食べ物とは?